神戸 須磨区にある泌尿器科で、性病・ED(勃起障害)・夜尿症(おねしょ)を専門としております。

TEL:078-743-1673

《新型コロナの影響》


昨年は、新型コロナ感染症に振り回された1年でしたが、泌尿器科では特にこれに関連する疾患を診ることはありませんでした。ただ、人の交流によって生じる疾患、例えば性病は激減しました。海外旅行や海外からの観光客の激減、また風俗店に行く人も減ったと思われますので当然と思います。特に、アベノミクス以降、海外からの観光客の増加に伴って激増していた梅毒がほぼゼロになりました。ただ、年明けから少し戻りつつあるのが気になります。
子供さんの宿泊行事の中止とともに夜尿症で受診される方も減りました。ただ、性病と違って病気が抑えられたのではなく、重要な治療のきっかけやモチベーションがなくなって、受診、治療の機会がなくなっただけと思われます。過活動病講の治療薬の中にただ一つネオキシテープという貼付剤があります。これも、内服薬と違って、旅行や映画鑑賞などに際してon demandで使われていたことが多いようで、昨年は処方機会が大きく減少しました。

令和3年4月